\ 最大8%ポイントアップ! /

家庭での防災グッズに本当に必要なものと便利なアプリ

家庭での防災グッズに本当に必要なものと便利なアプリ

ももかりん

家庭でできる災害対策には防災グッズは必需品です。災害時のために本当に必要な防災グッズを備えておきましょう。また、防災アプリも有効に活用しましょう

防災士監修の防災グッズ44点セット
目次

防災準備の知識は、いざという時の行動を決定づけ、命を守る重要な要素です。自然災害が多発する日本において、地震、台風、洪水など各種災害への備えは日常生活における基本中の基本と言えるでしょう

1.1 日本の主な自然災害とその特徴

日本は火山列島であり、地震や台風などの自然災害が頻繁に発生します。地震は予測が難しく、突然発生するため事前に適切な対策を講じておくことが肝要です。

また、地球温暖化の影響で大型台風が増え、長時間にわたり風水害をもたらす可能性が高まっています。

1.2 災害発生時の行動原則

災害発生時の初動は非常に重要です。地震発生時にはまず「身の安全を確保」すること、火災が起きた場合には「速やかな避難」が求められます。

全ての災害に共通する行動原則として、「冷静な判断を心掛け、迅速に行動に移す」ことが大切です。

1.3 避難所の種類と利用方法

避難所には一時避難所と指定避難所の二種類があります。

一時避難所は緊急を要する際の臨時の場所である一方、指定避難所は自治体があらかじめ決めており、長期的な避難を想定しています。

避難の際は事前にその地域の避難計画を把握し、避難ルートを確認しておくことが重要です。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

2.1 家具の固定と安全設計

地震や台風などの自然災害発生時には、家具の転倒を防ぐことが重要です。

固定金具や転倒防止ベルトや転倒防止用突っ張り棒などを用いて、大型家具や電化製品をしっかりと固定しましょう。

2.2 非常用品の備蓄と保管方法

非常食、飲料水、ラジオ、懐中電灯など、災害時に必要な非常用品を備えておくことは基本の防災対策です。

また、災害時に必要な防災用品が全て揃った「防災バッグ」が販売されていますので、こちらを購入しておくと良いでしょう。

災害時のために、これらの非常用品を一箇所にまとめ、家族全員が容易に取り出せる場所に保管しましょう。

そして、備蓄品の定期的な確認と更新も忘れないでください。

2.3 家族での防災訓練とアプリの活用

非常事態に備え、家族で避難訓練を行うことで、実際の災害発生時の行動をスムーズにすることができます。

避難ルートの確認、緊急連絡先の共有、それぞれの役割を決めることが重要です。

日頃からの訓練が、いざという時の対応を左右します。

また、災害の状況を得るために、防災アプリ「Yahoo!防災速報」や「NHKの防災アプリ」を上手に活用しましょう。

アウトドア・防災に最適!Enernovaポータブル電源&ソーラーパネル

3.1 必須の防災グッズ

災害時に自助努力が求められます。まずは、生命維持に欠かせない防災グッズを整えましょう。下記のリストは、万一の事態に備えて家に備えるべき基本的なアイテム群です。

  • 携帯用ラジオ(手回し式充電可能なもの)
  • 非常用持ち出し袋
  • 保存水や保存可能な飲料水
  • 非常食(長期保存可能な食品)
  • 懐中電灯や発光体(予備の電池も準備)
  • モバイルバッテリーや発電機
  • 防災頭巾やヘルメット
  • 防寒具(ブランケットなど)
  • 着替え一式
  • 軍手(厚手の手袋や革手など)

3.2 応急救護キットの内容

ケガの手当てや緊急処置に使用する応急救護キットも非常に重要です。以下のアイテムを含めることで、いざという時に役立つでしょう。

  • 絆創膏やガーゼ
  • 消毒液や軟膏
  • 包帯やサポーター
  • 安全ピンや包帯止め
  • 三角巾
  • 救急説明書
  • 常備薬(解熱剤や消化剤など)
  • 体温計
  • 使い捨て手袋

3.3 防災グッズの賞味期限と交換サイクル

防災グッズは定期的に内容を確認し、賞味期限のチェックや交換を行うことが重要です。非常食や水などは消費期限前に交換する、医薬品も期限を確認するなど、常に新鮮な備えを心掛けましょう。

具体的な交換サイクルは以下の通りです。

アイテム交換サイクル注意点
保存水2年直射日光を避ける
非常食3〜5年湿気を避ける
医薬品製品によるパッケージの期限を確認
電池類3年自然放電を考慮
【BLUETTI JAPAN】 公式サイトはこちら

災害は個々人の力だけでは対処が難しいため、地域共同での防災体制の構築が不可欠です。地域全体で協力し合い、連携を図ることによって、災害時の被害を最小限に抑えることが可能となります

4.1 地域の防災計画と協力体制

最も重要なのは、まず地域が持つ特性を踏まえた防災計画を理解し、その計画に基づき協力体制を築くことです。

これには自治体が策定した防災マニュアルの把握や、定期的な情報の更新が求められます。

また、近隣住民とのコミュニケーションを密にして、必要な役割分担を明確にし、危機管理意識を共有することが重要です。

4.2 自主防災組織への参加と活動

災害発生時には公的機関だけでは対応が遅れることも想定されるため、自主防災組織への参加が推奨されています。

自主防災組織では、地域住民自らが主体となって防災活動に取り組むことで、速やかな救助や情報共有が可能となります。

具体的には、避難計画の策定、消火器の使用方法訓練、救急処置訓練などが行われています。

4.3 地域防災訓練の重要性

計画をただ策定するだけでなく、定期的に地域防災訓練を実施することで計画の有効性を確認し、住民の防災スキルを向上させる必要があります。

訓練を通じて避難経路の再確認や防災グッズの使用方法、応急手当の基本を学びます。

これにより、いざという時に迅速かつ冷静に対応ができるようになります。

4.4 地区別防災会議の設置とその役割

地域における具体的な防災計画を策定し、それを居住者全員で共有するために、地区別防災会議の設置が有効です。

この会議では、地元自治会や各種団体と連携して防災対策を検討し、災害時における役割分担や避難所運営など、具体的な実行計画を作成します。

また、地区ごとの特性を生かした防災計画の立案も行うことで、効果的な災害対策が可能になります。

防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】 安心だから自由になれる【ALLPOWERSポータブル電源】公式通販サイトはこちら

災害時には迅速かつ正確な情報収集が非常に重要です。

適切な防災情報を手に入れるためには、日常から利用できるツールやアプリの把握、避難情報や気象情報への理解が必要です。

また、SNSを活用した情報共有は非常に有効ですが、その際には情報の信憑性に注意を払う必要があります。

5.1 正確な情報を得るためのツールとアプリ

災害時には様々な公的機関からの情報が発信されます。

内閣府の「全国瞬時警報システム(Jアラート)」や気象庁の「緊急地震速報」といったシステムが代表的です。

これらの情報に迅速にアクセスするため、スマートフォン用の防災アプリをインストールしておくと良いでしょう。

例としては、「Yahoo!防災速報」や「NHKの防災アプリ」などがありますので、有効に活用しましょう。

5.2 避難情報と気象情報の理解

避難情報には「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」のように、段階があります。

それぞれの意味を正しく理解しておくことは、災害時の適切な行動選択につながります。

気象情報では、「大雨特別警報」「台風接近情報」など、災害発生の可能性が示された際には速やかな行動を取るよう心掛けましょう。

5.3 SNSを活用した情報共有の効果と注意点

最近では、SNSを通じた情報共有が役立つ事例が多くあります。

ただし、SNS上での情報には確認されていないものや誤情報も含まれるため、公式な情報源から得た内容を基に共有するようにしましょう。

また、情報過多にならないよう適切なアカウントやグループを選定してフォローすることが大切です。

5.4 防災情報収集ツールの利用方法

ツール特徴利用シーン
緊急速報メール政府からの緊急情報を即座にスマートフォンで受信できるシステム地震や津波、大規模な自然災害が予想される際に利用
防災ラジオ地域からの即時性の高い情報を放送する携帯式ラジオ電波状況が悪い場所や停電時に有効

6.1 東日本大震災とその教訓

東日本大震災は、2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0という巨大地震及びそれに伴う津波で、甚大な被害が発生しました。

この災害から学んだ教訓の一つは、防災と減災の重要性です。

地震発生時の安全対策として、地震発生を検知するための地震計の整備や、迅速な情報伝達システムが必要であることが再認識されました。

また、津波警報の発出と避難訓練の定期的な実施が、命を守る行動にどれだけ重要かを示しています。

6.2 西日本豪雨の事例と対策

2018年に西日本を襲った豪雨は、多数の河川が氾濫し、多大な被害をもたらしました。

この災害から学べる対策は、地域ごとの防災計画の策定と、それに即した行動をとることの大切さです。

事前に適切な避難指示の基準を設けること、そして、それが行動に移されるための訓練が、有事の際の大きな差になるということが認識されました。

また、地域コミュニティの連携の強化が、災害時の支援と情報伝達をより効果的にするために重要であるという点も浮き彫りにされています。

6.3 大規模な地震への事前の準備

過去の大規模な地震、例えば1995年の阪神・淡路大震災を例にとると、建物の耐震化、ライフラインの強化、非常時の備蓄の整備などが、被害の軽減に直結するという見解が得られます。

これらの災害対策は、個人はもちろんのこと、企業や行政においても継続的に取り組むべき課題です。

また、非常時においてはコミュニティの結束力が生命を救う場合が多く、地域での防災訓練の実施も推奨されています。

日頃からの災害対策として、防災グッズの準備はもちろん、避難通路の認識、災害アプリの活用の仕方など、いざという時のための災害準備が重要です

緊急時に頼れる電力を供給!【ポータブル電源】 防災士監修の防災グッズ44点セット
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次