\ 最大10%ポイントアップ! /

【ハムスターの飼い方】飼育環境の整え方からトイレのしつけ方までを解説!

【ハムスターの飼い方】飼育環境の整え方からトイレのしつけ方までを解説!

ももかりん

フワフワしてて可愛く、比較的飼いやすいのでペットとして人気があるハムスター。この記事ではハムスターの種類、飼育環境の整え方、信頼関係の築き方、さらにはトイレのしつけ方など、ハムスターをペットとして受け入れる時に必要な事をアドバイスします。信頼関係を築き、快適な環境を提供することで、ハムスターの健康と保ち、友達関係を築きましょう

目次
もも

ハムスターは小さく、飼いやすいペットとして世界中で人気があります。しかし、ハムスターを飼う前に知っておくべき基本情報や、初心者に適したハムスターの選び方があります。この章では、ハムスターの種類やそれぞれの特徴、初心者におすすめのハムスターや飼育に際しての注意点について詳しく述べていきます。

1.1 初心者におすすめのハムスター

ハムスター初心者におすすめの種類は、ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターです。これらは一般的に性格が穏やかで、飼育がしやすいとされています。ゴールデンハムスターは比較的大きいので扱いやすく、ジャンガリアンハムスターは小さいですが、色のバリエーションが豊富で、飼い始めるのに魅力的な種類です。

1.2 ハムスターの寿命と飼う上での注意点

平均寿命は種類にもよりますが、一般的に2〜3年程度です。ハムスターは夜行性、あるいは薄明薄暮性(明け方や夕方の薄暗い時間帯に活動)なので、昼間はほとんど眠っています。昼間は騒がしい環境下での飼育は避けて、静かな環境で休ませてあげましょう。また、小さな体ですが好奇心旺盛で逃げ出すことがあるので、ケージは逃げ出しにくい設計のものを選ぶ必要があります。さらに、ハムスターは単独で生活するのを好む種類が多いため、基本的には一匹ずつ飼育することが望ましいです。

ハムスターには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。代表的な種類には、ゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスター、ロボロフスキーハムスター、キャンベルハムスターがあります。ゴールデンハムスターはその大きさと落ち着いた性格で初心者にも飼いやすい種類です。ジャンガリアンハムスターは小さく活発な種類で、色のバリエーションも豊かです。ロボロフスキーハムスターは7cm程で非常に小さく素早い動きをするので、観察するのが楽しいです.

  • 性格:おっとりとしていて、人懐っこい性格。ケージの外で一緒に遊ぶと喜びます。
  • 大きさ:17~20㎝
  • 体重:85g~150g 女の子の方が少し大きいです。
  • 寿命:2年半~3年

2.2ロボロフスキーハムスター

  • 性格:気が小さくて臆病で、人に慣れにくい性格。縄張り意識が薄く多頭飼いし易い。
  • 大きさ:体長は約7cmでハムスターの中で1番小さな種類
  • 体重:15~30グラム
  • 寿命:約2年半~3年

2.3キンクマハムスター

  • 性格:ゴールデンハムスターを品種改良して誕生した種類。温厚で人懐っこい性格。表情や仕草が豊富で遊びが大好き。
  • 大きさ:18~20㎝
  • 体重:85g~150g
  • 寿命:約2年半~3年

2.4ジャンガリアンハムスター

  • 性格:穏やかな性格で人懐っこい。縄張り意識が強く団体行動が苦手なため、単独で飼うのがオススメ!
  • 大きさ:6~12cm
  • 体重: 30~45g 男の子の方が少し大きいです
  • 寿命:約2年

2.5キャンベルハムスター

  • 性格:警戒心が強く気が荒い
  • 大きさ:7~12cm
  • 体重:30~40g 男の子も女の子もほぼ同じ大きさ
  • 寿命:約2年~2年半

3.1 ケージの選び方と設置場所

ハムスターにとってケージは生活の基盤となるため、選び方には特に注意が必要です。理想のケージは通気性が良く、十分な広さがあり(一般的には最低60cm×40cmのスペースを推奨)、かつ、ハムスターが脱出できない安全性が保たれているものです。ケージの種類には金網タイプ・プラスチックタイプ・水槽タイプがあり、金網タイプは通気性が良いこと、プラスチックタイプと水槽タイプは脱出が難しいことが利点です。ただし、プラスチックタイプと水槽タイプは湿度がこもりやすいため注意が必要です。設置場所は直射日光が当たらず、湿度が一定で、比較的静かな場所を選びましょう。ハムスターは温度変化に敏感なため、室温が一定の環境を整えることが理想です。

3.2 必要な飼育用品とその使い方

ハムスターの快適な飼育環境を整えるために必要な飼育用品には、寝床となる床材、食事用の皿、水のためのボトル、遊び道具(回し車やトンネルなど)があります。床材は消臭効果があり、ハムスターが掘って隠れることができる木製あるいはペーパー製がおすすめです。食事用の皿は固定式のものが好ましいですが、頻繁に洗う必要があるため、複数持っておくと便利です。水のためのボトルはケージの外から取り付けられるタイプが清潔に保てます。回し車はハムスターの運動不足解消に欠かせないアイテムですが、サイズや材質を選ぶ際には足を挟まないよう安全なものを選びましょう。

3.3 環境維持のための日常の手入れ

ハムスターの健康を維持するためには、日常的なケージの清掃が欠かせません。毎日の餌や水の交換はもちろん、糞尿の掃除を行い、週に1回はケージ全体を洗浄することをお勧めします。特に注意したいのが床材の交換で、汚れが目立ったらこまめに取り替えることが重要です。夏場は温度と湿度の管理にも気を配り、可能であればエアコンや除湿機を使用して快適な環境を保つようにしましょう。また、ハムスターの健康を守るためには、定期的な健康チェックもお忘れなく。異常が見られた場合は直ちに獣医の診察を受けることが大切です。

ハムスターとのコミュニケーションは、飼い主と飼育されるハムスターとの間に信頼関係を築く事が必要です。ハムスターは繊細な動物なので、飼い主との関係をゆっくりと築いていくのがオススメです!

4.1 ハムスターとの信頼関係を築く初期ステップ

ハムスターを新しい環境に慣れさせる最初のステップは、彼らに時間を与えることです。急に触れようとすると恐怖やストレスを感じさせてしまう可能性があります。最初はケージの近くで話しかけるだけから始め、徐々にハムスターが自分の存在に慣れるようにしましょう。

4.2 ハムスターの慣れるまでの接し方

ハムスターが飼い主の存在に慣れたら、手からおやつを与えることで、より親密な関係を築くことができます。この際、急な動きは避け、静かで穏やかな声で話しかけることが重要です。ハムスターが安心しておやつを食べることができるようになれば、次のステップに進めます。

4.3 褒め方とおやつのあげ方

ハムスターはおやつを通してポジティブな行動を学ぶことができます。トイレのしつけや手に乗る練習など、おやつを使ってポジティブな体験を関連付けることは、コミュニケーションを深めるのに非常に有効です。ただし、健康を害しない範囲でおやつを与えることが大切です。

ハムスターを飼う上で、トイレのしつけは非常に重要です。ハムスターのトイレのしつけは比較的簡単で、忍耐と正しい方法を実践すれば、清潔なケージ環境を保つのに大いに役立ちます。

5.1 トイレの場所の決め方

ハムスターは自然と一箇所で排泄をする習性があります。この習性を活かし、ハムスターがケージ内で好んで排泄する場所を見つけ、そこにトイレを設置します。多くの場合、ケージの隅や食事エリアから離れた場所を選びます。

5.2 しつけのステップとコツ

  1. トイレを設置する前に、ハムスターの排泄習慣を観察し、好んで排泄する場所を特定します。
  2. 特定した場所にトイレを設置し、トイレ用の砂を敷き詰めます。ハムスター用のトイレ砂はペットショップやネットで手に入ります。
  3. ケージの他の場所に排泄した場合、その排泄物をトイレ内に移動させます。これにより、トイレの場所を覚える手助けになります。
  4. 最初のうちは、トイレでの排泄を成功させた際に、おやつで褒めることで、より早くトイレの習慣を身につけさせることができます。

5.3 トイレを使わせるための工夫

ハムスターにトイレの習慣を身につけさせるためには、トイレが使いやすい環境であることが重要です。トイレの中には排泄を促すペレットを使用し、定期的に清掃して清潔に保ちます。また、トイレの大きさや形状も、ハムスターが使いやすいものを選びましょう。しつけの初期段階では、コーナーに2か所のトイレを設置してハムスターの気に入ったトイレの位置を見つけやすくするのも良い方法です。

ハムスターを飼うには、性格を理解し、日々の世話、コミュニケーション、トイレに至るまで、時間をかけて優しく育てていくことが必要です

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次