認知症予防対策に役立つ高齢者支援システムアイシルで日常生活の安定化!

認知症予防対策に役立つ高齢者支援システムアイシルで日常生活の安定化!

ももかりん

認知症予防対策と見守りに特化した高齢者支援システム「アイシル」は、24時間365日の見守りサービスに加え、認知機能の低下に早期に気づき、適切なサポートを提供する機能を備えています

また、服薬管理機能や体操・脳トレの促し機能などを通じて、ユーザーの健康維持と認知症予防もサポートします

目次
見守りプラス認知のアイシル

1.1 24時間365日の見守りシステム

アイシルの見守りシステムは、「人感センサ」「ドアセンサ」「照度センサ」「温度センサ」の技術を活用してユーザーの生活パターンを24時間365日監視します。

異常が検知された場合には、即座に家族や介護担当者にメールで通知が行われるため、迅速な対応が可能です。

また、夜間の転倒や急病時などの緊急時に「連絡ボタンを」を押すと、家族や介護担当者にメールで通知が行われるので、高齢者の一人暮らしでも安心して生活することができます。

1.2 認知機能低下の早期気づき支援

このシステムの大きな特徴の一つが認知機能低下の早期発見機能です。

「人感センサ」「照度センサ」「温度センサ」が内蔵された「ボタンモジュール装置」を利用することによって、日常生活のデータを収集し、生活のリズムをモニタリングします。

その結果、日常生活における細かな行動の変化を検知し、その情報を分析することで認知機能が低下し始めている兆候を早期に察知します。この機能により、早期からの適切な介入が可能となり、認知症の進行を遅らせることに貢献することが期待されるのです。

1.3 服薬管理機能の重要性

高齢者の健康管理において、定期的な服薬は非常に重要です。アイシルでは、服薬忘れを防ぐための「声かけ機能」が搭載されているので、忘れる事がなく正しいタイミングで薬を服用できるよう支援します。

また、「お薬ボタン」によって服薬履歴も記録されるため、医師や家族が服薬状況を遠隔からも確認することができます。

1.4 体操と脳トレを組み合わせた認知機能向上プログラム

アイシルでは、身体的な活動と脳の活動の双方を促すことで認知機能の維持・向上を目指しています。

身体的な面ではNHKの体操を活用しています。毎日、NHKのTV体操の時間になるとTV体操を促すメッセージが送られてくるので、体操を行う場合は「はい」ボタンを押し、行わない場合は「いいえ」ボタンを押します。1日3回(早朝・午前・午後)のNHKテレビ体操を行うことによって、体力向上の管理を出来るようになっています。

脳の活動の面では、脳トレ本による脳のトレーニングを行います。「数独」や脳を刺激する様々なトレーニングゲームを通じて、利用者の認知機能向上をサポートします。これらの機能は、利用者が自宅で簡単に行えるように設計されており、日常の一部として取り入れやすくなっています。こちらの機能も、行う場合は「はい」ボタンを押し、行わない場合は「いいえ」ボタンを押して、管理するようになっています。

キキ

認知症は予防可能な要素を持つ疾患であり、早期発見・早期対応が非常に重要です。「アイシル」はこの課題に対し、日常生活の中で容易に取り入れられ、認知機能の維持・向上を目指す多角的なプログラムを提供されています

2.1 認知機能の低下をいかに早く察知するか

認知機能の低下は徐々に進行することが多く、早期に気づき難いことがあります。そこで「アイシル」は日々の生活パターンや行動の変化をデータ化し、異常を早期に検知する機能を備えることにしました。

この機能により、利用者や家族は認知機能の低下に対して迅速に対応できるようになり、必要な介入を早期に開始することが可能になりました。

2.2 認知症予防のための体操プログラム

2.2.1 効果的な体操の例

認知症予防には身体活動も重要であり、「アイシル」では特に認知機能向上に役立つ体操を提供しています。これらの体操は、利用者が日常的に気軽に実施できるよう設計されており、血流改善やストレス軽減など、全体的な健康維持にも寄与します。

  • 軽度の有酸素運動:ウォーキングやストレッチングなど、心臓の健康を促進し血流を改善する。
  • バランス運動:転倒予防にもつながり、安全で健康的な日常生活を支援する。
  • 筋力トレーニング:筋力の維持・向上により、自立した生活の維持を助ける。

2.3 脳トレ活動の役割とその効果

2.3.1 脳を活性化させる脳トレゲーム

認知機能の維持や向上には、脳を刺激する活動も効果的です。「アイシル」では、楽しみながら脳を鍛えることができる脳トレゲームを提供しています。これらのゲームは、記憶力、注意力、判断力など、複数の認知領域をターゲットとしており、定期的な実践により認知機能の低下を遅らせることが期待されます。

  • 言葉を使ったゲーム:語彙力の維持向上と言語能力の刺激に役立つ。
  • 計算ゲーム:数字を使った問題を解くことで、計算力と論理的思考能力の維持に寄与する。
  • パズルゲーム:パズルを解く過程で、問題解決能力や空間認識能力を鍛える。
キキ

アイシルの服薬管理機能は、高齢者の自立支援と家族の安心を二重に守る重要な役割を果たします。認知機能の低下に伴い、日常生活の中での服薬の忘れや誤用は深刻な問題になり得ます。アイシルはこの問題を技術的に解消し、薬の服用忘れを防止します

3.1 服薬忘れ防止の工夫

アイシルの服薬管理機能では、個人の服薬スケジュールに合わせたリマインド機能が設定されています。

このシステムは、薬の服用時になるとLEDが点滅して薬の服薬を促します。この時点でボタンを押さないと、さらに音声メッセージで服用を促します。このように薬の服薬を忘れずに済むようサポートをしてくれるので安心です。

3.2 服薬管理システムの技術的側面

アイシルでは、パソコンやスマホからクラウドを活用して服薬管理を行います。このシステムには、服薬時間の管理、服薬記録の自動保存、そして家族やケアマネージャーへの通知機能が含まれています。記録データはクラウドに保存され、いつでもどこでもアクセス可能な状態です。さらに、定期的に集められたデータを分析し、服薬のパターンを把握することで、一人ひとりに適した服薬管理支援を提案します。

機能詳細
リマインド機能音声や光による定時の服薬促し。忘れ防止に貢献
自動通知機能服薬が確認できない時には家族やケアマネージャーへの通知
クラウドデータ保存服薬記録を安全にクラウドに保存。いつでもどこからでもアクセス可能
データ分析機能服薬のパターン分析による個別化された改善提案
キキ

「アイシル」を日々の生活に取り入れたことで、どのような変化があったのか。実際に「アイシル」を利用した家族や本人たちからの生の声を、ここではご紹介します

4.1 実際にアイシルを使用してみた家族の体験談

多くの利用者家族が、アイシルのおかげで認知症の親族を安心して見守れるようになったと感謝の声を寄せています。特に、24時間365日の見守りサービスは高く評価されており、何かあった際にすぐに対応できる安心感があると話しています。

「父が使い始めてから、夜間に迷わずトイレに行けるようになりました。以前は夜間の移動が心配だったのですが、アイシルのおかげで安心して眠れるようになりました。」(50代 女性)

「母は最近、物忘れが酷くなってきたのですが、アイシルの薬管理機能のおかげで、服薬のタイミングを忘れずに済んでいます。」(40代 男性)

キキ

アイシルを始める前に、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを事前に把握しておくことで、スムーズな導入と適切な活用が可能になります

5.1 利用するための条件

アイシルを最大限に活用するためには、いくつかの条件があります。利用者本人や家族がこれらの条件を理解し、満たしていることが重要です。

  • インターネット環境が整っていること
  • スマートフォンやタブレットなど、アイシルアプリがインストール可能なデバイスを所有していること
  • 緊急時に利用者がサポートを受けられるように、家族や介護サービスの担当者が駆け付けられること

5.2 各機関との連携方法

アイシルを導入する際には、医療機関や介護サービス提供者との連携が重要になります。適切な連携を行うことで、利用者の健康管理や緊急時の対応がより迅速に行えるようになります。

連携する機関連携方法の例
医療機関アイシルのデータを医師と共有し、定期的な健康状態のチェックや診察の予約を促進する。
介護サービス提供者日々の身の回りのサポートや、アイシルの活用方法を共有し、認知機能のチェックや服薬管理などの実施を支援する。
家族緊急のメールが届いた場合はには、速やかに医療機関や介護担当者との連携が出来るように準備をしておくこと
キキ

導入前にこれらの情報をしっかりと把握し、計画的にアイシルを利用することが、認知症予防と見守りにおいて大きな安心材料となります

6.1 アイシル単体モデル

出典:https://aitosys.com/aishiru_special/index.html ボタンモジュール
月額利用料初期費用
1,980円(税込2,178円)19,800円(税込21,780円)
※インターネット環境はユーザーが用意する必要があります

6.2 モバイルルータセットモデル

出典:https://www.aitosys.com/aishiru/price.html ボタンモジュールとモバイルルーターのセット
月額利用料初期費用
2,980円(税込3,278円)35,800円(税込39,380円)
※モバイルルータがセットになっていて、月々のデータアクセス料金も含む

6.3 アイシル単体モデル(1年定額サービス)

出典:https://aitosys.com/aishiru_special/index.htmlb ボタンモジュール
月額利用料初期費用
30,000円(税込33,000円)
(月当たり2,750円)
0円
※インターネット環境はユーザーが用意する必要があります

6.4 モバイルルータセットモデル(1年定額サービス)

出典:https://www.aitosys.com/aishiru/price.html ボタンモジュールとモバイルルーターのセット
月額利用料初期費用
50,000円(税込55,000円)
(月当たり4,583円)
0円
※モバイルルータがセットになっていて、月々のデータアクセス料金も含む
キキ

アイシルは24時間365日の見守り、早期の認知機能低下気づき、服薬管理、認知機能向上の体操・脳トレなど認知症に対する予防と対策が構築されているので、離れていても安心です

見守りプラス「アイシル」

  • 24時間365日の見守りシステム
  • 認知機能低下の早期気づき支援
  • 服薬管理機能
  • 体操と脳トレを組み合わせた認知機能向上プログラム
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次