\ 最大8%ポイントアップ! /

自宅で出来るトイレトレーニング・お留守番など犬のしつけ方を解説!

自宅で出来るトイレトレーニング・お留守番など犬のしつけ方を解説!

ももかりん

愛犬の幸せな生活を支える社会化トイレトレーニング食事マナー留守番のコツまで、自宅でできるしつけ方法を解説します

目次

家庭に新しい家族として迎えられた犬はその生涯を人間と共に過ごします。そのため、初期の社会化トレーニングは犬が健全な心理を育てる上で欠かせません。

犬のしつけにおいては、飼い主の一貫性あるアプローチが成功のカギです。また、対話と観察を基に、それぞれの犬の個性や性格、行動の癖を理解し適切に対応することが重要とされています。

食事ルールの設定やトイレトレーニングは、犬が健康で快適な生活をするための基本的な要素です。食事ルールを通じて犬に自己制御を教えることは、飼い主と犬との信頼関係の構築にも繋がります。

トイレトレーニングでは忍耐強い繰り返しと賞賛が不可欠ですが、それによって犬に清潔な生活習慣が身に付きます。

留守番の訓練も家庭犬に必要不可欠なスキルです。犬が留守番中に不安を感じたり破壊行動を起こしたりすることなく、リラックスできるようにトレーニングします。

このプロセスを通じて犬は自立心を養い、飼い主がいない時間をうまく過ごせるようになります。

”犬とお揃い”を楽しむドッググッズのセレクトショップ【INUTO(イヌト)】。

愛犬の適切な社会化は、健やかな成長に欠かせません。家庭の中だけでなく、外の世界においても平和的に共存するためには、犬にとって異なる環境や、他の動物たちとの適切な接し方を学ぶことが不可欠です

この章では、犬の社会化トレーニングを段階的に進める方法について解説します

2.1. 社会化トレーニングの目標とメリット

社会化トレーニングの主な目標は、犬に新しい経験をポジティブなものとして受け入れさせ、怖がりや攻撃的になることを避けさせることにあります。

これにより、安全な環境で他の犬や人々、さまざまな場所に慣れさせることができるのです。また、社会化がうまくいくことで、不安を感じやすい犬が減り、人と犬との関係改善にも繋がります。

2.2. 安全な環境での他の犬や人との接触

他の犬や人々との初めての接触は、安全でコントロールされた環境の中で行う必要があります。例えば、散歩中の公園のように開放的で犬同士が自由に交流できる場所を選びましょう。

犬が他の犬や人との相互作用に慣れるには、繰り返しの経験が重要であり、飼い主の落ち着いた対応が犬に安心感を与えます。

2.3. 日常の様々なシチュエーションへの慣れ

犬をさまざまな環境や場面を経験させることで、不安を減らし適応力を高めます。人や犬との接触、公園や道路での歩行、さまざまな音への慣れなど、これらの経験は犬が新しい状況に対しても落ち着いて対応できるようにするために大切です。

愛犬の健康管理において、適切な食事のマナーを教えることは重要です。食事のルールを定め、ルーティンを作ることで、愛犬の消化器官の健康を保ち、適切な体重を維持させる助けにもなります。以下の点に注意して、愛犬に食事習慣を身につけさせましょう

3.1. 一定の食事時間を設ける重要性

愛犬には毎日同じ時刻に食事を提供することを心がけましょう。

これにより、愛犬の食事のリズムと体内時計を整え、消化機能を正常に保つことができます。

特に子犬の成長期には定期的な食事時間が肝心です。成犬になっても、この習慣を維持することが推奨されます。

3.2. おやつの与え方とタイミング

おやつはトレーニングのご褒美や間食として効果的ですが、与えるタイミングと量には気をつけましょう。

過剰なおやつの与えすぎは肥満の原因となり得ます。おやつは食事の合間に少量ずつ与え、日々のカロリー摂取量の10%以内に抑えるのが理想的です。

3.3. 食べてはいけないものの管理

犬にとって有害な食べ物は多々存在します。チョコレート、アボカド、ぶどうなど犬にとって毒となる食べ物は、犬が触れることがないようにしましょう。

また、人間の食事の際、テーブルから食べ物を与えないよう、家族全員で意識を一致させることが大切です。

食品カテゴリー犬にとっての安全性注意点
肉類適量で安全脂っこい部分は避ける、生肉の与え過ぎに注意
果物種類によるぶどうやレーズンは厳禁、リンゴの種は除去
野菜種類によるニンジンやピーマンは安全、玉ねぎ類は厳禁
イギリス生まれのシニア犬用ドッグフード『ピッコロ』

子犬を飼い始めたら、トイレトレーニングは最も優先すべきトピックの一つです。愛犬が室内で快適に過ごすためにも、トイレの場所を覚えさせることは非常に重要です。ここでは、効果的なトイレトレーニングの手順を詳しく説明します。成功するためのコツと注意点にも触れるので、ぜひ実践してみましょう

4.1. トイレトレーニングの基本的な進め方

トイレトレーニングは、犬が生活環境に慣れるための時間を確保しつつ進めましょう。

初めに、トイレとして指定する場所に犬を連れて行き、そこでの排泄を促します。

トイレの場所は、落ち着いて排泄できる静かな環境を選ぶことが望ましいです。

4.2. トイレの成功をほめるタイミング

排泄がうまくいった際には、すぐに声かけやおやつで犬を褒めることが重要です。

愛犬がトイレの場所で排泄をしたら、積極的に声を掛けて褒めましょう。これにより、犬はトイレの場所で用を足す行為が良いことだと学習します。

4.3. トイレトレーニングの一般的な問題と解決策

トイレトレーニング中には、さまざまな問題が起こることがあります。

仮に失敗があった場合は、愛犬を怒らず、トレーニングを見直しましょう。

工夫をして、愛犬に適した学習方法で再度トレーニングを開始します。

トイレトレーニングのスケジュール

計画的なスケジュールに従ってトイレトレーニングを行うことで、子犬はルーチンを習得しやすくなります。以下に一例を示します。

時間帯トイレトレーニングのタイミング
起床後すぐにトイレの場所へ連れていく
食後30分以内食事が終わったらトイレの場所へ
遊びや活動の後遊んだ後は排泄のサインに注意してトイレに
就寝前床につく前に最後のトイレタイム

愛犬の健やかな成長と共に、プラスの社会性を育むためには、噛み癖の適切なコントロールが必要不可欠です。ここでは、噛む行為を許されるものとそうでないもの、それぞれについて、どのようにして区別をつけ、愛犬に指導していくのかを解説していきます

5.1. 噛みたい衝動をコントロールするトレーニング

犬は本能的に物を噛む欲求が強いため、この衝動を適切にコントロールすることで、噛み癖を予防し発展させないようにします。

トレーニングでは、噛んでも良いおもちゃの使用を通して、安全な方法でこの欲求を満たします。

次に、そのトレーニングの具体的な手順を見ていきましょう。

5.2. 噛むことが許されるおもちゃの紹介

噛むことが許されるおもちゃとして、市場には様々な種類が流通しています。

これらのおもちゃは愛犬の安全面を考慮し、破壊されにくい素材や、万が一飲み込んでも体外に排出されやすい素材が選ばれています。

以下は、犬の噛み癖に対応したおすすめのおもちゃの一覧です。

  • 丈夫なラバートイ
  • 歯ごたえのあるコング
  • 咀嚼を促進するデンタルトイ

5.3. 噛んではいけないものをどう扱うか

家庭内で噛んではいけないものには家具や靴、電子機器などが含まれます。

これらを噛ませないためには、愛犬が興味を引かれないように片付けること、もしくは環境エンリッチメントを行っておもちゃで気を紛らわせることが効果的です。

まずは噛んではいけない物を身の回りから取り除く手立てを記載します。

  • 物を片付ける
  • 不適切な物には嫌がるスプレーを使用
  • 噛むと危険な物は完全にアクセス不可能な場所に移動
希少な国産グルテンフリー【安心犬活】

お留守番トレーニングは、あなたの愛犬が安心して自宅で過ごせるようにするための重要なプロセスです。ここでは、愛犬の不安を減らし、自信をつけるための方法を学びましょう

不安の原因となる要素を取り除き、ポジティブな印象を与えることで、一人でも落ち着いて過ごせるようになります

6.1. お留守番中の安心空間の作り方

お留守番をする環境は犬にとって非常に重要です。最初に、お留守番用の特定の場所を設け、そこが安全で快適な空間であることを確認しましょう。

この場所を「安心の場所」として認識させるために、お気に入りのおもちゃや毛布などを置いてリラックスできる環境を整えます。

6.2. ストレス軽減のためのお留守番トレーニング

お留守番のトレーニングを始める際には、短時間から開始し徐々に時間を延長していくことが重要です。

初めは部屋を出入りする練習をして、犬が安心するまで時間をかけましょう。徐々に時間を伸ばし、犬が留守番に慣れていくことを目指します。

6.3. 長時間の留守番への段階的慣らし方

犬が一匹で過ごす時間が長くなればなるほど、ストレスを感じやすくなるため、段階的に慣らしていく必要があります。

犬が一匹でいる間に安心できるようなアイテムや活動を提供することも効果的です。たとえば、パズルフィーダーや噛み応えのあるおもちゃなどが有効です。

時間活動内容注意点
0-30分お気に入りのおもちゃで遊ぶ不安な様子を見せたらすぐに対応する
30分-1時間リラックスできる音楽を流す犬が興奮しない適度な音量を選ぶ
1時間以上噛み応えのあるおもちゃを提供飲み込む危険がないか事前に確認

この章では、愛犬が留守番をする際に感じる不安をできるだけ軽減し、自信を持って独りでいられるようなトレーニング方法についてお伝えしました。安心空間の提供、ストレス軽減のための段階的なトレーニング、そして長時間の留守番への慣らし方を理解し、実践することで、あなたの愛犬も留守番が苦手でなくなるかもしれません。次のステップへと進みましょう。

着色料や保存料などの添加物は不使用で安心安全のドッグフード【PETOKOTO FOODS】 

家庭での犬のしつけは継続と忍耐が鍵です。社会化、食事、トイレ、噛み癖コントロール、お留守番の各トレーニングを通じて、愛犬との幸せな共生を目指しましょう

”犬とお揃い”を楽しむドッググッズのセレクトショップ【INUTO(イヌト)】。 日本初!ペット専用酸素水 ウォテロ【WaterO】
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次