\ 最大8%ポイントアップ! /

ドローン操縦士の資格を取得する方法と口コミ

ドローン操縦士の資格を取得する方法と口コミ

ももかりん

ドローン操縦士を目指すあなたへ!この記事では、国家ライセンスから民間ライセンスまで、資格取得の全体像や、ドローン操縦士として活躍するための法規制、必要なスキル、そして将来性豊かなドローン関連の仕事までを網羅的に解説していきます

目次
50万円報酬も…「ドローン副業」参入者急増 元ギャルは会社設立「OLより稼げる」

ドローン操縦士とは、無人航空機を操作し、さまざまな目的で飛行させる技術者のことです

ドローン業界は、撮影、観測、農薬散布、物流など、多岐にわたる産業での利用が期待される急成長分野であり、ドローン操縦士の需要は今後も拡大していく見込みです

1.1 ドローン業界の現状と将来性

ドローン業界は、技術の進化と共に、その利用範囲を急速に広げています。

現在、ドローンは撮影や観測のためだけでなく、農業での農薬散布、災害時の情報収集、物流業界での配送など、さまざまな場面で活用されており、これからの発展が大いに期待されています。

1.2 ドローン操縦士の役割

ドローン操縦士の主な役割は、ドローンの安全な飛行を確保することです。

具体的には、飛行計画の立案、ドローンのメンテナンス、気象条件の確認、そして飛行操作など、ドローンを安全に、かつ効率的に使用するための一連のスキルが求められます。

1.3 ドローン飛行の法規制概要

ドローン飛行には、安全上の理由から国によって定められた法規制が存在します。

日本では、無人航空機操縦士の国家資格の他に、飛行禁止区域や飛行高度制限、夜間飛行や人口密集地区での飛行に関する規制などが設けられており、ドローン操縦士はこれらの法規制を遵守しなければなりません。

出典:小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会
無人航空機操縦者技能証明制度について

無人航空機操縦士試験は、ドローンの安全な飛行管理を担う国家資格です。この資格を取得することで、特定の大きさや性能を持つドローンの操縦者として、法的な認可を受けることができます

試験は知識と技能の両面で操縦士の資質を問われ、合格することで、さまざまな業界でのドローン利用に対応できるプロフェッショナルとしてのキャリアが開けます

2.1 無人航空機操縦士試験の概要

出典:無人航空機操縦士試験

無人航空機操縦士試験は、国土交通省によって定められた試験で、ドローン操縦のための理論知識及び実技能力を認定するためのものです。

この試験を受験するには、事前に定められた年齢や健康条件(身体検査等)を満たす必要があり、実技試験では、実際のドローンを使用した飛行技術が評価されます。

2.2 受験条件と試験内容

試験内容には、飛行理論、航空法規、気象、操縦技術など、幅広い知識が求められます。

具体的な試験科目や受験資格詳細は、国土交通省の公式サイトや関連教育機関のウェブサイトで確認できます。

2.3 合格後の手続きと更新

2.3.1 登録手続き

合格者は、国土交通省にて登録手続きを行うことになります。

必要な書類の提出と登録料の支払いが必要で、これにより正式に無人航空機操縦士の資格が付与されます。

2.3.2 資格の更新

無人航空機操縦士の資格は、取得から一定期間が経過すると更新が必要になります。

更新時には、一定の研修の受講や試験の再受験が求められる場合があります。

資格の維持には、常に最新の法規制や技術に関する知識の更新が求められるため、継続的な学習が不可欠です。

【ドローン国家資格】技能証明書取得方法〜実地試験合格後の手続き〜

SNSによる口コミを紹介します

ドロサツ

ドローンのビジネス利用が拡大している現在、民間ライセンスであるJDCドローン操縦士認定の重要性が高まっています。JDC(Japan Drone Certification)は、民間企業により設立された認定機関で、ドローン操縦士の技能を証明するライセンスを発行しています

この章では、JDC認定ライセンスの取得方法とそのメリットについて詳しく解説します

4.1 JDC認定ライセンスの概要

JDC認定ライセンスは、ドローン操縦技能の国内基準を提供することを目的に設けられた民間資格です。

このライセンスを取得することで、操縦技能が一定の水準に達していることを証明できます。

また、ドローンをビジネスで安全に使用するための知識と技能があることを示すことができるため、様々な産業でドローンを利用する際に有利となります。

4.2 取得方法

JDC認定ライセンスの取得には、指定された教育機関での講習を受講し、所定の試験に合格する必要があります。

講習では、ドローンの基本操作から応用技術、安全管理に至るまで、実践的な内容が学ばれます。

試験は、筆記試験と飛行技術試験の2部構成で、両方に合格することで認定されます。

4.3 JDCライセンスのメリット

  • ドローン操縦技能の証明
  • ビジネス利用における信頼性の向上
  • ドローン関連の仕事への就職・転職に有利

JDCドローン操縦士認定を取得することにより、ドローン操縦の技能が認められ、仕事でのドローン利用が見込まれる業種での就職や転職において、優位性を持つことができます。また、安全管理や法規制に関する知識も身につけるため、ビジネス上でのリスクを低減することにも繋がります。

ドローンを安全に飛行させるためには、法規制の理解と遵守が不可欠です。ここでは、ドローン飛行に適用される主要な法規制、飛行禁止区域、および安全管理について解説します

5.1 飛行禁止区域と飛行許可

ドローンは、航空法により、空港周辺や人口密集地区などの特定の地域での飛行が制限されています。

これらの飛行禁止区域では、事前に国土交通省への許可がなければ飛行することはできません。

また、許可を得るためには、安全対策として飛行計画の提出が必要となります。

出典:国土交通省(無人航空機の飛行禁止空域)

5.2 ドローン飛行の安全管理

安全にドローンを操縦するためには、操縦者の責任においていくつかの安全管理措置を講じる必要があります。

例えば、事故を防ぐために、ドローンの事前点検、飛行前の確認、そして視線内飛行の原則が挙げられます。

急な天候の変化に対応するために、天候状況を常にモニターすることも重要です。

出典:国土交通省(承認が必要となる飛行の方法)

5.3 重要な法規制と罰則

ドローンを飛行させる上で遵守しなければならない法規制には、航空法をはじめ、無線法や道路交通法などがあります。

これらの法律に違反すると、罰則が適用されることがあります。

違反した場合の具体的な罰則には、罰金や懲役などがありますので、操縦者は法規制を正確に理解し、遵守する責任があります。

主な内容罰金・罰則
特定飛行時の飛行日誌を備える義務、飛行日誌の記載義務10万円以下の罰金
機体の変更届の義務、登録抹消の申請義務30万円以下の過料
飛行計画の通報義務、飛行計画の変更指示に対する違反、事故発生の報告義務、ドローンの飛行に影響を及ぼすおそれのある行為30万円以下の罰金
登録記号の表示義務、危険な機体・装備品による飛行、禁止飛行空域や飛行方法(特定飛行)違反、飛行前の確認義務、衝突予防措置、迷惑飛行、第三者が立ち入った場合の措置義務50万円以下の罰金
立入検査の拒否、報告徴収違反100万円以下の罰金
事故時の救護義務2年以下の懲役または100万円以下の罰金
機体の登録義務1年以下の懲役または50万円以下の罰金
飲酒操縦1年以下の懲役または30万円以下の罰金

これらの法規制はドローン操縦士にとって必須の知識です。

安全にドローンを飛行させ、法的なリスクを避けるためにも、これらの法律の内容をしっかりと把握し、遵守することが求められます。

5.4 ドローン(無人航空機)の登録手続

2022年6月20日より、ドローンなどの無人航空機の機体登録が義務化されました。重さ100㎏以上のドローンには、所有者情報の登録と飛行許可が必要です。

無人航空機の登録制度

ドローン技術の進展と法規制の整備により、ドローンを活用した新たなビジネスチャンスが日本国内で急速に拡大しています。ここでは、ドローン関連の仕事の種類とその将来性、職業別の需要、キャリア形成についてのアドバイスを提供します

6.1 ドローンを活用した仕事の種類

ドローンを利用したサービスは多岐にわたり、その需要は日に日に拡大しています。主な仕事の分野は以下になります。

  • 空撮サービス
  • 農業支援
  • 災害時の調査
  • 建設・土木工事の進捗管理
  • セキュリティ監視
  • 物流・運送業務

6.2 職業別需要と将来性

ドローン業界では特に空撮や農業支援、災害時調査などでの需要が高まっており、これらの分野では専門知識を持った操縦士の需要がますます増加しています。

また、ドローンを使った物流サービスも今後大きな発展が期待されるため、ドローン関連の技術者やロジスティクスの専門家によるドローン物流の分析も重要な位置づけの職業となります。

6.3 キャリア形成のアドバイス

ドローン関連の仕事に就きたい場合、まずは関連する資格を取得することが重要です。

国家資格である無人航空機操縦士や民間ライセンスであるJDCドローン操縦士認定が、その基盤となります。

また、専門的な知識や技術を身につけるために関連する教育機関での学習も有効です。

その上で、具体的な業界や職種に合わせた研修を受けることで、より専門性を高め、キャリア形成を図っていくことが可能になります。

ドローン操縦士の資格取得は、国家資格と民間ライセンスの二種類があり、これらを取得して法規制を理解し遵守することで、安全性を担保し将来性のあるドローン業界でのキャリアを築くことができます

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次